新潟港湾空港技術調査事務所

English

新潟港湾空港技術調査事務所

新潟港湾空港技術調査事務所

概要

 平成8年に「海の日」が国民の祝日となって今年で16年目となり、海やみなとに対する関心は年々高まりを見せています。
 また、港湾は私たちの生活や産業活動を支える重要な役割を担っており、平成14年度よりスタートした小中学校の「総合的な学習の時間」の素材としても取り上げられてきています。
 他方、地域の方々やNPO等が主体的・積極的に参画し「みなとまちづくり」を推進したり、沿岸域における自然再生を推進していこうとする動きも出てきています。
 そこで、海やみなとに関する地域からの様々な相談に応じ、地域に密着した港湾行政を展開していくため、各地方整備局港湾空港部及び各港湾関係工事事務所に「海とみなとの相談窓口」を設置いたしました。

フリーダイヤルの仕組み

  • 全国どこからでもこの電話番号で「海とみなとの相談窓口」につながります。
  • 基本的には発信地の最寄りの窓口につながります。
  • 各窓口の電話番号も引き続きご利用いただけます。

フリーダイヤル

相談内容等

「海とみなとの相談窓口」は海とみなとに関する総合的な相談窓口として、以下のようなご相談に応じます。

  • 企業立地など、港を活用した産業振興について
  • 「みなとオアシス」を活用した地域振興について
  • クルーズ船の利用や見学について
  • 港の現場見学の受け入れについて
  • 企業、学校、市民団体への教材等の提供、講師派遣について
  • 港のイベントについて
  • 海での自然体験、環境学習について
sp
sp