新潟港湾空港技術調査事務所

English

新潟港湾空港技術調査事務所

新潟港湾空港技術調査事務所

大型浚渫兼油回収船「白山」の整備 港湾業務艇の建造・メンテナンス 軟衝撃グラブ 異型ブロック撤去技術

軟衝撃グラブ

軟衝撃グラブ

大型軟衝撃グラブ

 未だに機雷が残っている海域での港湾工事には危険が伴います。
「軟衝撃グラブ」は、機雷に対して安全に港湾構造物の撤去及び浚渫作業ができる施工機械として開発されたものです。
 グラブは直接機雷をつかんでも油圧により衝撃を与えないことから、安全に作業することが可能な構造となっています。
 平成6年8月18日には、信濃川右岸浚渫区域で実際に機雷をつかみ、引き揚げました。
 またさらに、安全・効率的に大容量の浚渫が行えるよう、軟衝撃グラブの大型化をはかりました。

開発年度

小型軟衝撃グラブ : 昭和51年度〜昭和53年度
大型軟衝撃グラブ : 平成8年度〜平成10年度

pdf パンフレットはこちら

sp
sp